massa142's blog

くり返す このポリリズム

「Goならわかるシステムプログラミング」を読んだ

「Goならわかるシステムプログラミング」を読んだ。

ascii.jp

連載が終わって少したったけど、渋川さんの「Goならわかるシステムプログラミング」全20回を読み終えた。

ここでの「システムプログラミング」という言葉は以下のように定義されている。*1

そうしたウェブ関係のプログラミングとは対照的な場面でよく使われているのが、システムプログラミングという用語です。 実際、システムプログラミングとは何でしょうか? 人によって定義がいろいろ異なりますが、よく見かけるのは次のような内容を指して「システムプログラミング」という場合です。

本連載では、一番最後の「OSの提供する機能を使ったプログラミング」をシステムプログラミングの定義として話をすすめます。

また、Go言語を取り上げた理由は次のように書かれている。*2

Go言語を題材として選択したのはランタイムの奥まで気軽にのぞける言語だからです。Go言語そのものの説明が目的ではなかったため、Go言語を学ぼうと思っていなかった人にはとっつきにくい内容もあったかもしれません。 しかし、コンピュータシステムを学ぶ言語の選択肢が事実上C言語ばかりというなかで、間口を広げる貢献はできたと思います。

読んだ感想

低レイヤに疎い自分にとって、システムプログラミングを幅広くカバーしてくれたこの連載はとても勉強になった。毎回読み応えがあるボリュームで、イラスト図も多くてわかりやすかった。

またGoのコードに対する補足説明として、Pythonの話がちょくちょく出てくるのが個人的には嬉しかった。

渋川さんがTwitterでも書いてある通り、この連載がCを題材にしてたら読んでなかったと思う。タイトルにある「Goならわかる」という言葉がとてもしっくりくる。このように間口を広げてくれたことにとても感謝しています。

Go言語そのものの説明が目的ではなかったため、Go言語を学ぼうと思っていなかった人にはとっつきにくい内容もあったかもしれません。

連載の終わりに上記のように書いてあったが出てくるGoのコードは難しくないと感じたので、初学者もGoの学習を兼ねて読むこともできると思う。特に序盤の io.Writer io.Reader の解説はインターフェースの理解に役立つものだと感じた。

Real World HTTPの購入を機に「Goならわかるシステムプログラミング」を読み進めたので、この次には Real World HTTPを読みたいと思う。あと、Go言語と並列処理(3)のなかで紹介されていたオライリー並行コンピューティング技法も面白そうなので、ぜひ読んでみたい。

この連載の内容を全部理解できたわけではないけど(特にWindowsまわりの話とか)、低レイヤへの苦手意識というものはなくなったと思う。この連載で広く浅くやったことをきっかけに、もっと深く勉強したいという意欲が湧いてきている。

とにかく読んでよかったと思える素晴らしい連載だった。システムプログラミング入門教科書としてオススメです!

2017年6月の振り返り

仕事

  • フロントエンド整理
  • Elastic Beanstalk環境でのデプロイで苦戦した
  • Wordでもらった利用規約のDiff管理をGitHubでやるように変えた
  • Python3移行準備

アウトプット

Okachi.js vol.6

コード改善 meetup #3

イベント

Perfume FES!! 2017

Perfume × 電気グルーヴ #perfumefes

Masataka Araiさん(@massa142)がシェアした投稿 -

Perfume × チャットモンチー #perfumefes

Masataka Araiさん(@massa142)がシェアした投稿 -

映画・ドラマ・アニメ

その他

  • 『ボク、運命の人です。』は終始、木村文乃に癒されて最高だった
  • slideship 祝リリース :tada:
  • 来月からプロジェクト変わるって

目標と成果

  1. ◯ Okachi.js vol.06 に向けて Angular についてまとめる
  2. △ Python3移行
    • ほぼほぼ準備完了
    • リリースタイミングの関係で7月実施に
  3. △ リーグ戦に向けて平日のトレーニング頑張る
    • 腹筋・背筋を重点的にやりたい
    • 暑すぎて練習するだけでトレーニングになってきた
  4. PyCon 2017 - YouTube にあがってる動画を見進める
    • ちょっとしか観れなかった
    • Web関連のは見ておきたい

7月に向けて

  • Python3移行完了
  • リーグ戦に向けて平日のトレーニング頑張る
  • PyCon JP 2017 RejectConの準備をする
  • 積ん読本を読む
  • PyCon JP 2017 API開発

2017年5月の振り返り

仕事

アウトプット

PyCon JP 2017 CfP

builderscon tokyo 2017

イベント

音楽

映画・ドラマ・アニメ

ラクロス

  • そろそろ平日のトレやって体絞らないと
  • 開幕まであと1ヶ月
  • 日体メンバーがたくさん入団

その他

  • いとこの結婚式がアットホームでよかった
  • YASUTAKA NAKATA × TETSUYA KOMURO 最高だった
  • ますとどん一周回って楽しいよ
  • Good Bye Sebastien !!

目標と成果

  1. △ フロントエンドの改修を形にする
    • 少しづつ進めていけてる
  2. × 執筆作業を進める
    • 大人の事情で途中で頓挫しそう
  3. ◯ PyCon JPのweb開発進める
    • 日本語表示とかSNSアカウント追加とか諸々やった
  4. × 平日トレをもっと頑張る
    • 全然ダメ・危機感

6月に向けて

  • Okachi.js vol.06 に向けて Angular についてまとめる
  • Python3移行
  • リーグ戦に向けて平日のトレーニング頑張る
  • PyCon 2017 - YouTube にあがってる動画を見進める

2017年4月の振り返り

仕事

  • フロントエンドの整理
  • Django1.11へのアップグレード
  • Elastic IP自動設定
  • 社内向けのDjango Plugin作成

アウトプット

ブログ

スライド

イベント

音楽

N/A

映画・ドラマ・アニメ

ラクロス

  • 4月後半は熊本行ったり体調崩したりで練習できなかった
  • 波崎合宿行けなかったのは残念
  • 全体MTGやってよかった

その他

  • SQUEEZE Tシャツできた
  • さしぶりに体調崩してつらかった
  • PyCon JPのMTGが多くなってきた
  • ますとどん楽しいよ
  • けもフレようやく見始めた
    • サーバルちゃんきゃわわ
    • わーい! すごーい! たーのしー!
  • 『ボク、運命の人です。』さしぶりに連ドラ見てる

目標と成果

  1. △ フロントエンドの改修を形にする
    • 現状の整理・改修への土台作りまでしかできなかった
  2. × 執筆作業を進める
    • そろそろやばい今月から本気出す
  3. ◯ PyCon mini Kumamotoで発表する・楽しむ
    • 楽しかった!また来年もあったらいいな
  4. △ 平日のトレーニングを再開する
    • 腹筋やら皇居ラン再開した
    • そろそろジムにも行かなくては

5月に向けて

  • 執筆作業を進める
  • フロントエンドの改修を形にする
  • PyCon JPのweb開発進める
  • 平日トレをもっと頑張る

PyCon mini Kumamoto 2017 にスピーカー・スポンサーとして参加してきた #pyconkuma

はじめに

熊本にて 20167/4/23 に開催された PyCon mini Kumamoto 2017 にスピーカー兼スポンサーとして行ってきたので、その参加メモです。

PyCon mini Kumamotoって?

PyCon mini Kumamoto 2017

KumamotoPythonコミュニティの定着と広がりを目指しています。初回となる今回は、”未来”というテーマでイベントを開催したいと考えています。開催時期は熊本大地震のほぼ一年後であることと、熊本でのPythonコミュニティ活動としては恐らく初めてであることから、未来を考える事が大切だと考えたためです。Pythonをキーワードに、未来を、参加者と共に感じたり考えたりできるイベントにできたら良いなと考えています。

すでにあるまとめとか

参加メモ

スピーカーとしての感想

SQUEEZEに入社してからの1年間でやってきたことをまとめた感じになってます。

Python要素が少ない構成になっちゃったけど、似たような悩みを持っている方から声をかけてもらったり、参考になったという声も頂けたので良かったです。

今回のテーマが「未来」ということだったので、「バグゼロという未来に向けて」という副題にしてみました。

スポンサーとしての感想

今回SQUEEZEは、シルバースポンサーとして協賛させて頂きました。

Core Valueの1つである “With Our Community” という考えのもと、これからも会社が関わるコミュニティに貢献して、わいわい盛り上げていこうと思います。

全体を通しての感想

  • 熊本大学は緑が多くていいところ
  • @IanMLewisKeynoteは歴史を感じられて良かった
    • 日本におけるPythonコミュニティの歴史と未来について
    • 「お前、誰よ」という自己紹介の発祥がIanだってこと知らなかった
  • ランチディスカッション楽しかった
    • ランチ休憩の時間で5つ位のテーマに分かれてディスカッションが設けられた
    • 自分は「Pythonと教育」というテーマのところに参加
    • 齋藤さんの研究の知見が聞けて勉強になった
  • 1年前に起きた震災とそれからの復興を肌で感じることができた

  • 地元の大学生や高専生も参加してくれた
  • 月曜出社のため打ち上げ参加できなかったのが悔やまれる

  • 来年もPyCon mini Kumamoto開催の方向らしい!

f:id:massa142:20170428152445j:plain

2017年3月の振り返り

仕事

  • Danger導入
  • Djangoのlocaleファイル整理
  • ランディングページをDjangoアプリから切り離してS3管理に
    • お問い合わせフォームのPOST処理はをAPI GatewayとLambda
    • chaliceを利用
  • JS環境のモダン化に着手

アウトプット

ブログ

イベント

音楽

映画・ドラマ・アニメ

ラクロス

  • 入団・残留が落ち着いて、チームが固まってきた
  • ミーティングの数を増やそう

その他

目標と成果

  1. △ JSの勉強をする
    • 仕事でフロントエンドの改修にとりかかったけど、あまり時間確保できなかった
  2. まつもとゆきひろ 言語のしくみ を読む
  3. ◯ そろそろ2017年の抱負を書く
  4. × 執筆作業を進める
    • 今月から本気出す
  5. ラクロスの時間を確保する
    • 平日のトレーニングも再開していこう
  6. ◯ 業務外での仕事を完成させる
  7. △ PyCon mini Kumamotoの準備をする
    • スライド作成着手

4月に向けて

  • フロントエンドの改修を形にする
  • 執筆作業を進める
  • PyCon mini Kumamotoで発表する・楽しむ
  • 平日のトレーニングを再開する

2017年の抱負

あけましておめでとうございます。

ずっと書こうと思ってたけどサボり続けてた、今年の抱負を4月のいまさら書いておきます。

エンジニア

Python

JavaScript

  • Okachi.js
    • 継続参加していく
    • 定期的にアウトプットの場を設ける
  • AngularとVueを追っていく

新しい言語

達人プログラマーの教え通り、今年も新しい言語を1つ学びたい。

PyCon JP 2017が終わって落ち着いたらやる。候補は以下の3つ。

アウトプット

  • WikiHub 日報
    • 日々の作業・思考ログ
  • はてなブログ
    • 毎月の振り返り・目標設定
    • 読書ログ
    • イベント参加レポート
  • Qiita
    • 今年もAdvent Calendar駆動になりそう
  • 登壇
    • 今年はちょっとずつ登壇していきたい
  • 書籍出版
    • もう動き出したので必ずやりきろう

SQUEEZE

  • 機能断捨離
  • Python3移行
  • マイクロサービス化
  • JS環境モダン化
  • 品質向上
  • スクラム実践
  • 開発文化の明文化

その他

  • Golangを仕事で採用
  • 業務外での仕事も継続

ラクロス

Advance-Hanglooseでの実働4年目。

去年は入れ替え戦に負けて、二部転落。

今年は幹部として、もっと責任感を持ってやっていく。入れ替え戦に勝って、クラブ選手権に行こう。

その他

  • 肉を料理する
  • DJの練習はじめる

結び

それでは、今年もどうぞよろしくお願いします。